めおと恋歌

詞の背景/作詞者:有光あきら

 

何度も辛い恋をして、言問橋のたもとで

泣いてばかりいました。

そんな私に優しい言葉をかけてくれた貴方。

夫婦になり苦労もしたけれど、長い歳月を二人で歩いて来ました。

そして、やっと幸せを手に入れました。

高尾の山で、いつまでも一緒に暮らせるようにと願かけましょう。

ほら、あなた、あんなに紅葉がきれいに山を染めていますよ。しあわせいろに。

(左の写真は森直弘さんの作品です)

めおと恋唄  作詞:有光あきら 

               作曲:久永美智子  

               編曲:中島昭二

 

 

夢を見ました小さな母の 奄美離れた遠い日に

東京に向かう連絡船の 窓に流れた二つの星よ

ないて目覚めたわたしのそばに やさしいあなたが 眠っています

 

 

春は墨田の桜の下で 恋もしました つらい恋

言問橋のたもとで一人  川を見ていた 私の肩を

包んでくれたあの日の夜から やさしいあなたが 笑っています

 

 

もみじ燃えてる高尾の山に 二人一緒に 願かける

苦労七坂笑顔で越えて  やっと来ました夫婦の高嶺

しあわせ色に染まった秋を さしいあなたと歩いています