東京クレッセント

 

~『東京クレッセント』物語の背景~

 

大きな夢見て、東京に来たけれど、辛い事ばかりが多い、女一人の浮き草暮らし。

 

それでも、5年の月日が過ぎて、わたしもやっと優しい人に巡り逢いました。

 

肩を寄せ合う小さなアパート。

もうこの恋をなくしたら生きていけない。

 

夫婦になって幸せ掴み、いつか母が待つ故郷へ一緒に帰りたい。

 

切ない女心を東京の三日月が優しく照らしてくれています。

 

/作詞者:有光あきら談


左の写真はTaroさんの作品を使わせて頂きました/フォト蔵より http://photozou.jp/


  

東京クレッセント(三日月)  作詞:有光あきら  

                                                       作曲:久永美智子  

                                                       編曲:中島昭二

 

この恋なくして  生きては行けない きっと最後の人だから

裏町酒場に咲いている  朝顔のように あなたに寄り添い咲きたいと

泣いてすがれば薄紅色に わたしを照らす  東京の三日月

 

浅草下町  小さなアパート あした夢見て暮らしたい

あなたが命の女です 夜汽車に乗って  いつかは二人で故郷(ふるさと)

母に逢いたい笑顔を見たい タワーを染める  東京の三日月

 

まぶたをとじれば  5年の月日が 切なく回るセレナーデ

七色ネオンの夜の川 病葉(わくらば)のように  帰らぬ思いで辛いけど

いつもあなたに包まれながら しあわせ欲しい  東京の三日月